Hiluck1

「子どもたちにとっての第二のリビングやダイニングのような空間」

 

「塾へ訪れる子どもたちの心を開くような場としたい」

こちらの塾長さんの望まれた塾の形は、そんな塾でした。

そこで塾の授業前後の時間にフォーカスし、それらの時間が充実したものになるよう、子どもたちにとっての第二のリビングやダイニングのような空間を作りました。


学習塾としての出入り口前面にはダイニングテーブルを置き、子どもたちの憩いの場を作り、壁一面には大きな本棚のついたデスクを設け、授業前後の生徒同士の交流や自習の場として活用できるように考えました。


家のリビングやダイニングで生まれる何気ない会話が、塾の中でも生まれてくれば、子どもたちの心を開くきっかけになると考えデザインしました。

Hiluck3